超大型ガールズグループが誕生するかも…「PRODUCE48」とは


この記事は私がまとめました

Ohyukinaさん

『2017MAMA』で発表され話題に

韓国では年末になるとたくさんの音楽授賞式の祭典が開かれており、数多くある音楽授賞式の中でも『ソウル歌謡大賞』『ゴールデンディスク賞』そして『MAMA』が韓国三大音楽授賞式だ。

「2017 MAMA」は“共存”をコンセプトに、11 月 25 日(土)~12 月 1 日(金)までベトナム・日本・香港の 3 つの地域で開催し、大盛況のうちに閉幕しました。

EXO-CBX、MONSTA X、SEVENTEEN、TWICE、Wanna One、BoA、I.O.Iなど人気K-POPアーティストによるスペシャルステージに加え、日本からもAKB48が出演し、K-POPアーティストとの豪華コラボステージを繰り広げた。

それは、K-POPアイドルファンに衝撃が走る電撃発表であった…

11月29日、横浜アリーナで満員の観客を前にして、日本のAKB48と韓国の超人気アイドルグループI.O.Iがコラボしてパフォーマンスを繰り広げた。

Pick Me」(I.O.I)、「ヘビーローテーション」(AKB48)、「恋するフォーチュンクッキー」(同)を披露して盛り上げた。

AKB48の生みの親である秋元康・総合プロデューサーが Inspired Achievement賞を受賞した直後、その映像は突如流された。映像ではタイトルと「2018 Coming Soon」という文字だけであったが、好奇心を掻き立てるには十分であった。

日本を代表する国民的アイドル「AKB48」と、2017年空前のヒットを記録し、韓国の音楽業界と放送業界を熱くした「PRODUCE101」を想起させるタイトルだ。

このサプライズ発表に「Wanna One」のカン・ダニエルもビックリした表情を見せていたが、会場も騒然。

「PRODUCE 48」は視聴者がプロデューサーとなり自らアイドルデビューメンバーを選抜する韓国の「PRODUCE 101」システムと、日本最高のプロデューサー秋元康の「会いに行けるアイドル」をコンセプトに専用劇場で常時ライブ公演する日本のAKB48システムを結合させたプロジェクト。

『Mnet』のスタッフから秋元氏へ熱烈なオファーがあり、プロデュースが実現した。

毎回トレンドを作ってきたMnetが、世界を動かすAKBの最強プロデューサー秋元康と手を組んで前代未聞のスケールとなる番組を作るみたいです。

今回、タッグを組むことになった「プロデュース101」とは

101人の“練習生”(事務所に所属しデビューに向けトレーニング中のアイドル志望者)の中から、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者の投票によって11人のアイドルグループを作る大規模オーディション番組だ。

韓国でも日本でもその他海外でもたくさんの視聴者が投票。参加者たちが努力する姿や悔し涙を浮かべる姿など、様々なドキュメンタリーに胸を打たれ、こちらも涙するほどの感動や、時には発狂させられたり、ときめかされたり、心を揺さぶるプロジェクトなのです。

『PRODUCE101 シーズン1』は、ガールズグループI.O.I(アイオーアイ)を世に送り出したが、その男性版となるシーズン2では“Wanna One(ワナワン)”というボーイズグループが誕生した。

その人気は爆発的で、I.O.IもWanna Oneもその年の新人賞を総なめしている

produce101いつ見ても完全に涙腺崩壊する

@koh_bts_
あーproduce101はほんとに神番組((放送終了後見た組

プデュ見たら後戻りできないぐらい沼るけど見たほうがいい

最近韓国のPRODUCE101シーズン2見てるけど、アイドルになるためにたくさん努力していますね。苦労や感動がたくさんあり、とてもおもしろいです。見たことのない人はぜひ見て見て下さい。 pic.twitter.com/uAbHrawNnd

コメントは受け付けていません。